B面

続きです。

175°DENO担担麺 GINZa

中央区銀座2丁目

 

f:id:red-cb:20210113223343j:plain
札幌で担々麺が人気のラーメン屋さん「175°DENO担担麺(ひゃくななじゅうごどでのたんたんめん)」です。現在では東京にも4店舗を構えています。こちらはその中のひとつ、銀座にある店舗です。銀座一丁目の銀座柳通りと銀座二丁目のマロニエ通りの間、銀座ガス灯通り沿いのビルのB1Fにあります。オシャレな店内で女性のおひとり様も多いです。

 

◆白ごま担担麺(汁なし)◆
f:id:red-cb:20210113223357j:plain
お店の看板メニュー「白ごま担々麺」の汁なしです。本場四川料理の味と日本のラーメンを融合させた一杯になっています。鶏ガラスープに自家製ラー油をベースにしたタレに麺をのせ、炒醤肉(ザージャンルー)、蝦米(シャーミー)、カシューナッツ、水菜を添えて日本では未入荷の最高の四川花椒で仕上げた一品です。

 

f:id:red-cb:20210113223401j:plain
北海道産小麦100%の特注の平打ち麺をタレとよく混ぜていただきます。とにかく香辛料の使い方がスゴイ!中でも四川花椒は香りがぶわっと広がって鼻を刺激し、口の中をビリビリ痺れさせます。辛さよりもこの痺れがインパクト大です。病みつきになる味わいです。

 

f:id:red-cb:20210113223410j:plain
テーブルにはお店の自家製ラー油が用意されています。途中でこちらを加えて辛さをプラスできます。

 

◆黒ごま担担麺(汁なし)◆
f:id:red-cb:20210113223352j:plain
こちらは黒ごまを使った汁なし担担麺です。こちらは白ごま担担麺に黒ごまをプラスした仕様になっています。

 

f:id:red-cb:20210113223406j:plain
白ごま担担麺のさらに上をいく香りと痺れを感じます。ラー油の辛さ、四川花椒の痺れ、黒ごまのコクの3つのコラボレーションです。

 

◆小籠包◆
f:id:red-cb:20210113223415j:plain
点心の小籠包です。小籠包は豚肉かカニを選べます。今回は豚肉でいただきました。

 

f:id:red-cb:20210113223348j:plain
小籠包には専用のタレが用意されます。

 

f:id:red-cb:20210113223419j:plain
薄めの皮の中にはうま味たっぷりの餡と溢れる熱々のスープが包んであります。ピリ辛のタレとの相性も◎です。

 

お店の公式HP→ https://www.175.co.jp/