B面

http://aka-sakura.cocolog-nifty.com/blog2010/ の続きです。

2022明治安田生命J1リーグ第7節 vs清水エスパルス

埼玉スタジアム2002

 

f:id:red-cb:20220406233214j:plain
観客制限が解除されて1ヶ月以上ぶりの観戦となりました。4月はこの試合が唯一のホームゲームとなります。

 

f:id:red-cb:20220406233221j:plain
今日の相手は清水エスパルス。前年度のホーム最終戦以来の対戦となります。

 

f:id:red-cb:20220406233217j:plain
スタメン=西川、馬渡、岩波、ショルツ、大畑、モーベルグ、伊藤、岩尾、松尾、江坂、ユンカー。サブ=鈴木(彩)、知念、宮本、関根、大久保、安居、明本。

ケガ人も多く、2月のメンバーと比較するとだいぶ選手が入れ替わっています。新加入のモーベルグ(スウェーデン)は注目です。

 

◆33分:ユンカーが倒されて得たPKを江坂が決めて先制◆f:id:red-cb:20220406233225j:plain

 

△ 浦和 1-1 清水

また退場者。これで生観戦したホーム3試合全てで退場者が出ています。f:id:red-cb:20220406233233j:plain
2月に見た2試合とまるで同じ展開でした。今日の退場もファールする必要が全くないシーンで2枚の警告で退場。まあ…とりあえず負けなくてよかったです。

それよりも気になったのが選手間のチグハグさです。パスを出したところに受け手がいない、出し手と受け手で微妙にパスがズレる…ボールを保持していても簡単にロストしてしまうのが散見されました。2月に見た2試合ではまだ勝利の可能性を感じましたが、今はその可能性が薄れています。選手間の意思疎通はちゃんとできているのでしょうか?ちょっと心配です。